2008 12 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2009 02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

新春を寿ぐ

ご近所のお友達、うぴさんご夫婦が �叼新春のお茶会�叼
我々を招いて下さいました。

9年間茶道を続けていて、
師範のお免状ももうすぐというところまで極めているうぴさん。

フローリングの床には"畳マット"が敷かれ、窓には掛け軸。
おうちの中は上品でセンスのいい和の雰囲気を演出してありました。


お点前の始まりです。

ソファで気軽に飲んで下さい、とも言ってもらったのだけど、
せっかくなのでとワクワクしながら畳に二人で正座。





まずうちの旦那さん[ゴン]がお抹茶を点てていただき、飲む場面です。

見よう見真似でやってみたいので、飲み方のお作法を
ちょっと教えて下さいな、とお願い。


うぴ先生
「あら、そうですか。それでは、まず隣の方(次客)にお先に...と言います」



ゴン
お先に((どうぞ)) の仕草!! ( & ニコっとした)


   ・・・え。どういうこと? 私に?


   その「お先に」ってまさか。。。
   譲っちゃってるよーーー!




「お先にどうぞ」じゃなくて、
ここでは「お先に頂きます」という会釈だよぉーー。
いわゆる「お先に!」っていう、アレだよ。。



聞けば、「お先にどうぞ、と言って、いいえ、どうぞあなたから」みたいな
一連のやりとりをするかと思ったんだって。。
日本人っぽいというか、想像力豊かというか、
斬新というか、奥ゆかしいというか。。

『お先に』「え?」
『(だから)お先に』「・・・え?」

を2回繰り返したあとで、この意図を知ったもんだから可笑し過ぎて
しばらく笑いが止まらなかった。。。
"雅(みやび)" にはまだまだ修行が必要な我々です。


IMG_1628_convert_20090106150859.jpg
この日のお点前は薄茶。
我々それぞれにすてきなお茶碗、綺麗な懐紙・黒文字(楊枝)も用意して下さって。

薄茶と別に、濃茶というのもあるのですって。
本当に知らない事ばかりで、聞いたお話全てが実に興味深かった!




IMG_1625_convert_20090106150932.jpg
和の心と共に、茶道のお道具も日本から全て持って来ているうぴさん。



余談;
「一期一会」というのはいい言葉ですよね。
『篤姫』の中で、大老・井伊直弼が点てたお茶を飲みながら、
天璋院と井伊大老のお互いの心の距離が縮まる..という場面がありましたが
「一期一会」という茶の湯の心得を広めたのは井伊直弼だそうですね。





IMG_1623_convert_20090106150732.jpg
お干菓子。
お抹茶によく合います。

お干菓子の前にいただいた大変美味しい和菓子は、
本年の宮中歌会始のお題「生」にちなんだ両口屋の美しい一品だったのに、、、
写真を撮るもの忘れてぺろりと食べてしまい、、、
ごめんなさい。。
"雅" にはまだまだ修行が必要な我々です。




うぴさんが、茶道の先生から「スカイプで今度お稽古つけてあげるよ」
と言われたんですよ(笑)...なんて言ってました。
茶の湯もついにオンラインの時代到来か。
そんなおしゃべりをしながら、
ねぇねぇ、"Wii 茶"とかあったら売れるんじゃない?
茶道トレーニングソフト。
あ、ほら、コントローラーを茶筅に見立てたりさ、
お茶碗をまわす仕草とかもコントローラーでできそう?

などと言ってる我々は、やっぱり、"雅" にはまだまだ修行が必要です・・・。




美味しいお抹茶と優雅な時間。
聞けば聞くほど、茶の湯は奥が深い!
侘び寂びの世界に恐れ入りつつ、初春を寿ぐ楽しいひとときでした。




スポンサーサイト
.06 2009 Port Washington comment6 trackback0
 HOME 

今日の天気

New York
Click for Port Washington, New York Forecast
Tokyo
Click for Tokyo, Japan Forecast

カレンダー

FC2カウンター

日本語→英語 自動翻訳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。