2009 04 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2009 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

カリフォルニアへ

明日からサンフランシスコに行ってきます。

旦那さんのいとこの結婚式に参列です�E�G�f�B���O



スカイプでしか対面したことのないサンフランシスコに住む
いとこ兄弟には、私は今回が初対面。

我々の結婚式の時に配らせてもらったドラジェをはるばるフランス
から送って下さった叔父様叔母様にも初めて会えます。
今回は花婿の父母として、感慨ひとしおな幸せな気持ちを携えて
フランスからすでに現地入りされた様子。
日本からは旦那さんのおかあさんも駆けつけ、久々の再会です


結婚式はカーメルで開催。
カーメルに二泊し、サンフランに一泊して帰って来る予定です。



アメリカの結婚式に参列するのは初めてのこと。
我々ふたりも一緒にお祝いできることが楽しみでドキドキしています。




結婚式の前夜は親族のみでリハーサル・ディナーという会食会。

―5月30日。笑顔あふれる幸せな一日になりますように�G���������͂��Ă��������G���������͂��Ă�������



530.jpg



スポンサーサイト
.28 2009 Travel comment5 trackback0

歩いて歩いて海へ

先日、夕方2時間ほど久々にテニスをしました。


IMG_1755.jpg
6面ある無料開放のコート
日が長くなって18時でまだこんなに明るい



そして最近は車生活での運動不足解消のために、たまに散歩も。

うちの北側のエリアは、これぞ豪邸という家々が立ち並ぶお金持ちの居住区。
柵に囲まれてて、郵便ポストのある門から家の玄関までのアプローチが長くて、
プールがあって、という映画に出てきそうな豪邸を左右に眺めながらの散歩です。
個人宅をむやみに撮影できないので写真はないですが、、、


この日は家から北上し海に出るところまで歩いて、往復で5キロくらい。
2時間半ほど歩きました。

w1.jpg
ゆる~い傾斜のあるこんな道が続いています


00_20090521034450.jpg
新緑がまぶしい
ほんとに枯れ木ばっかりだった冬が嘘のよう


w2.jpg
一本道をひたすら歩いてつきあたると― これも個人宅??

w3.jpg
昔の見張り台のなごりみたいなものも
(※扉がついていて、人がのぼって上に立てそうになっている)

w4.jpg
石塔の先をもう少し歩くと

w5.jpg
視界が開けて 海がみえてくる


w55.jpg
半島の先端、NYシティ側を臨む海岸

w6.jpg
ちなみにこの砂浜の反対側に目をうつすと
こういう邸宅が建っています。まさにプライベートビーチ。



w9.jpg


w91.jpg



w7.jpg

w8.jpg
ハイまたやった、デジカメ最大ズーム

もや~っと遠くかすんでいるシティ。
飛行機とんでるのが見えました。


.19 2009 つぶやき comment3 trackback0

GED を受けてみる

GED (高等学校卒業程度認定試験) を受けてみることに。

テストは 5 つ 。



Language Arts, Reading     [65分]
Language Arts, Writing
 - Writing Part I          [75 分]
 - Writing Part II Essay      [45 分]
Social Studies         [80 分]
Science              [80 分]
Mathematics          [90 分]


<満点スコア>

4000 ※1科目 800


<合格の条件>

・5つのテストの合計スコアが 2250 以上
平均スコアが 450 以上
・1科目毎に最低限 410 クリアすること

合計スコアが 3000、5科目平均が 450 以上であっても
例えば Social Studies が 400 しか取れていなかったら 不合格。
他でどんなにスコアを稼いでも極端に苦手なものがあってはだめ。
まんべんなく60%以上取りなさい、ってことなんだな、きっと。


全部で 7 時間を超えるテスト時間。
Day 1 15:45-21:00 リーディング、ライティング(250wordsのエッセイ含む)
Day 2 15:45-21:00 社会、理科、算数

二日に分けて行われ、先週の金曜に Reading, Writing が終了。
明日、Social Studies, Science, Math. 。



ちなみに算数はこういう感じ。


q1.jpg
q2.jpg


ポイントは
用語を知ってるか知らないか



q3.jpg



読めば解ける
ある意味、英語の読解問題みたいなのも多し


まぁ5科目全部が、基本的にノンネイティブの受験者にとっては
ひたすら英文読解のテスト受けてるようなものだけど。。





q4.jpg


アベレージじゃなくてメジアン。
日本だと中学の数学?
高校?
記憶にない。。
数学I,?& 数学A,B しかやっていないから知らないだけ?








q5.jpg



ヤードにフィートに、、インチもあるよねー
日本みたいにセンチに統一すれば楽なのにねぇ...






q6.jpg

ちょろっと計算して、あとは英単語の問題




社会、理科の問題も、日本の勉強とはまた違っていて興味深い。



これ受けてどうするの、、、って疑問はおいといて
明日も長丁場行ってきますー。






.14 2009 School comment0 trackback0

めんきょ

やっと。

昨日免許取れました。

dl.jpg


このレシートみたいな紙切れに、
やっとサインさせてもらえました。

レシートの下に写ってるのは"LEARNER PERMIT" 。
日本で言う「仮免」。


今回サインしたこの紙切れが、
カード状の免許証が届くまでの間は正式な免許
なので大事に持ち歩くのだそう。


落ちる時は、ダメだった項目と減点 Point 数が印刷
された紙をぽいっと投げて渡されて終わり。
減点が 30 points を超えると落ちるらしい。
毎回切なかったなぁ。





ちなみに私、路上試験に 2 回落ちたのでjumee��Feel Depressed4
昨日はすっごいプレッシャーで。




特に初回は女性の試験官にぞんざいな扱いをされたし
2回目も言葉じりからどうやら子供に見られていると感じたので
昨日は、久々にキチンとした服装をしてメイクもして行ってみた。
こう書くといつもどんななのよ、、、って感じですが。


さらに、こちらからは愛想もよくしなかった。

自分の国で免許を持っているのか、との問いにも
めっちゃ自信満々に Yes, I do. と答えた。



なんだろうあれ。基本イラついてる試験官と二人、
車内に独特の空気が流れるんだよねー路上試験って。




狙ってやったわけではないけど、
エアコンきき過ぎて私が寒くなったので
「スイマセン、ちょっとエアコン止めますね」
「あぁいいよ、じゃあ窓あけさせてもらうから」
「ええ、どうぞ」
 ・・・
なんていうやりとりを極めて落ち着き払った様子で試験官と
交わし、この車を私がコントロールしている感も醸し出した。

車に乗り慣れてる感のアピール。

車内の空気を支配した者が路上試験は制するのだ!



私の場合、ここ数週間で運転の仕方自体に劇的な変化は見られないから、、
結果の違いを生んだのはきっと一連の態度だな、と個人的には思う。


成人した女性を子供扱いするような表現は丁寧な言葉ではないと
思うので、試験中に隣に乗ってくる試験官からひたすら Miss
言われるのがずっとひっかかっていた。

OK, Miss? jumee��ohwell2R
Understand, Miss? �{��
You need more practice, Miss. OK?

(うるさーーい!!����[)

昨日は、返事も全部 Yes, Ma’am. だったもんなぁ。
まぁちょっとしたことなんだけど、
私にとっては試験官の態度に大きな違いを感じたひと言。
一人前扱いしてもらうのに成功と思ったけど、こうも違うもの??




なんだか appearance が評価に影響を与えるというのを実感。
印象って大事なんだな。



3度目の正直。
予想外に長い道のりだったけど
やっと肩の荷が下りました。



やったー。����



.08 2009 USA comment8 trackback0

田舎で働き隊

YOKOSHIBAHIKARI。

New York Times のこの記事を書いた日本人記者の名前かと思ってしまった...

千葉県の横芝光町のことでした。



日本の若者 農場に回帰する
For Young Japanese, It’s Back to the Farm



都会では今、不況による雇用削減、リストラで、
やる気のある若者達が十分に働ける場がない。

一方田舎では、人手不足が深刻な農家の悲惨な現状。

麻生内閣のこの二つの問題マッチングさせて解決しよう
じゃないか、という政策とそれに関する取材記事。



In a play on words, the squad’s name in Japanese
― Inaka-de-hatarakitai ― is also its rallying cry:
“We want to work in the countryside!”


記事の中に一つ、プログラムの説明があるのだけど
「この日本語のチーム名『田舎で働き隊!』というのは、言葉遊びでもあり
英語では“We want to work in the countryside!"という意味である。」

だって。

(なんか、田舎に泊まろう... みたいだね。)



若者も農業に興味を持っていて、
農業就職説明会には人が殺到しているって。

ほんと??


農水大臣は、「若者は仕事が欲しい、農家は人手が欲しい。
これはピッタリだ」と語っている。


そりゃそうかもしれないけど。


「若年層の流入は田舎に利益をもたらすが、
国の失業問題の解決として農業をあてにするのは非現実的、
そこまでの働き口は無い。」

ですよね。。




農業雇用の増加。
麻生総理が先日発表した新しい景気刺激策の一部?
政府は農家や農業関連業者が青年求職者を雇用する場合、
1人あたり120万円を研修費として補助するの??
これは農業支援策では過去最大規模だとか。
日本政府は‘失業解消’と‘農漁村おこし’を同時に期待。

経済が回復したら、また彼らは都市へ戻っていってしまうのではなかろうか?

でも、問題を論じるだけで何もしないよりは、
ひとまず何かやってみる―よくわからないことに税金を
使われるよりはいいのかな。




うちの実家も今が田植えの真っ最中。
今日あたりで植える作業は終わるのであろうか。

今年は GW に帰省しないので

米作りオンシーズン。
9月の刈り入れまで天候との戦い、また忙しいでしょうが、
がんばって!


と書いておこう。




.06 2009 つぶやき comment2 trackback0

アルデンテのパスタ

チェルシーにある「Klee」。


ここのお店は日本のガイドブックにも掲載がありそう。
サイトによれば、ちょっとオーストリアの香りを取り入れた
ヨーロピアンスタイルのアメリカン料理ですって。

kl1.jpg
自家製リガトーニ with チキンアップルソーセージ
上にパラッとちらしてある緑はコリアンダー、フェンネル 。

お皿も熱々で、パスタはしっかりアルデンテ。


言う程たくさん食べたわけではないけれど、
やっぱり、アメリカのレストランで食べるパスタに
期待はするまいという経験を何度もしました。
家で作って食べるパスタのほうがずっと美味しいと
自画自賛してきたけど、
これは美味しかった!


都会まで出てくれば、やっぱりあるのねー。
ちゃんとおいしいところも。



kl2.jpg
メニューになくても、頼んだらアイスコーヒー出してくれました。
ちゃんと美味しかった。

シュガーはシロップではなくホットコーヒー用のもの。
メニューにないから仕方ないよね。
シュガーは入れないので支障なし..


スタバにはあるけど、欧米のレストランでは
アイスコーヒーは無いことが多いですね?そんなことない?
基本的にコーヒーはホットのみで、アイスは飲まないのかな。


kl3.jpg
よかったらどうぞ、と。
左のはマッチ、かと思いきや付箋紙。オシャレー。


�H��Klee
200 Ninth Ave., New York, NY

.01 2009 NY cafe comment2 trackback0

晴れた日のランチに

SOHO にある 「SAVOY」。

交差点の角にあって、天気のいい日の1階は開放感たっぷり。
道行くおしゃれな人達を眺めながら食事ができます。
自然光がふりそそぐこじんまりした店内は気持ちよい。


savoy.jpg
豚肉のリエット  自家製ピクルス & コールスロー

あっさり上品な味のリエットを、
こんがり香ばしくトーストされたバケットに塗って食べます。
付け合わせの、野菜の甘みを感じるコールスローがさっぱりと美味しい。

コーヒーは残念ながらイマイチだったかなぁ..。^^;
隣の人が食べていたドーン!!と存在感抜群のチーズバーガーが
見た目最高で、気になった!



�H��SAVOY
70 Prince Street, New York, NY (bet.Broadway & Lafayette)


.01 2009 NY cafe comment0 trackback0

チェーン店だけど、オーガニックこだわりのカフェ

日本は GW ですね。

今年は12連休!って何人かお友達からメールもらいました。
日頃の疲れを取って、楽しい連休をお過ごし下さい�ɂ�


豚インフル、困りましたね。
あまりにも早い警戒水準「フェーズ5」引き上げに戸惑いました。
そして、pig flu って言わないんだね、って思いました。
夫婦共々、帰宅したら手洗いうがい、そして顔も洗って
予防に努めております。
今、私が JFK から飛んで日本に一時帰国なんてしたら、
確実にばい菌扱いだろうな。。

日本より休日の数が少ないアメリカ、GW もないし
人ごみも避けておこう、ということでやや引きこもり
気味のおとなしい週末です。



写真を整理していたらお洒落な写真があったので。
こんなのを眺めて少し出かけた気分。。w

NY カフェ・レストラン 備忘録。


Le Pain Quotidien」ミッドタウン店。

f1.jpg
オープンサンド /ローストビーフ
f2.jpg
オープンサンド /プロシュートとモッツァレラチーズ
f3.jpg
スモークサーモンとビーツのサラダ
f4.jpg
カフェ・オ・レ


こっちにきてすぐのころ、ブルックリン在住の大学のお友達 sumire ちゃんと一緒に行って以来、その後も何度か利用。週末もニューヨーカーでかなり混んでいる、でもセントラルパークの南側、すぐそばなのでちょっとお茶、軽食をとるのによい場所。

なんかもう、ここは、
どれもこれも料理の見た目がキレイBrilliant
がっちりした木のテーブルに、ぽってりした瓶に入った塩こしょう、シュガー、ジャムなんかが置かれて。
インテリアも女の子好み。


自家製のパン、ジャム、オリーブ、塩こしょう、そしてコーヒー豆もオーガニック。
食材のクオリティにこだわりあり!
チェーン店で NY 市内に数店舗展開。

�H��Le Pain Quotidien
922 Seventh Ave., New York, NY


.01 2009 NY cafe comment2 trackback0
 HOME 

今日の天気

New York
Click for Port Washington, New York Forecast
Tokyo
Click for Tokyo, Japan Forecast

カレンダー

FC2カウンター

日本語→英語 自動翻訳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。