2009 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2009 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

1年経ち

去年の8月30日にこちらに引っ越して来てから
1年が経ちました。

早いですね。
この分だと、あっ・・・と言う間に3年、5年経ちそう。


本当にあっという間の1年。

ゴルフにホームパーティに車の運転、異文化交流、
編み物からビーズアクセサリー、朝から学校行ったり、
トマト育ててみたり塩鮭漬けてみたり、
家のトラブル諸々まで、
日本にいたらやらなかった、というか、機会がなかったであろうことを、日々、
飽きずに経験してきました。

日本を身近に感じられるインターネットの恩恵も、
日本食材が思った以上に手に入るというNYという土地柄ならではの恩恵も、
たくさん受けました。
アメリカ人に言い返す根性(と、図々しさ)も若干身につきました。
いろんな人達との素敵な出会いもありました。
"What do you do?" という問いかけにも慣れました。
定型の答えをスラスラ言えるようになっただけ?? (^^;)
「あなたはなにしてる人なの?」って、最初はホントにイヤで
フン・・・と心の中で卑屈になったり、こんなことずっと思うのは
私だけ?って考えたり。
社交の場ではしょうがない。
Hi, how are you ? / Fine, thank you.
くらい自然なやりとり、挨拶。
社交辞令の挨拶で済めばよいが、
アメリカ人に、なんで働かないの?って聞かれて説明するのは、
なかなか納得してくれないから、疲れちゃう。
適当に流して~~。

私って何者??何してる人?という自問自答をしてたことも
あるけど、それより、何でもいいから忙しくていたほうが、
私の場合は楽しいみたい。
英語の勉強をする時間があるのはありがたいことだし。


人間って、何かに所属していないと不安になる生き物なんだって、
と友達が教えてくれたけれど、私はその典型なのかも。
小さい...。


"Self Description イコール Job Description" という伝染病って
いう記載を最近ちらっと目にしたんですが。
「何してるの?」と聞かれて、会社名とか役職を言えなくて凹むと
いうのは、まさに私もコレになってたのか。
奥行きのある女性を目指して、精進したいものです!



いろんな出会いがあった1年、大小ハプニングもあり
気持ちの up & down もありましたが
たくさんの人に助けられて過ごしたこの1年。
日本からいただくメールも、いつも嬉しいです。
ありがとうございます。



おかげさまで
我々二人とも健康で元気にやっております。
先日の健康診断も二人そろって オール A。
日本の家族も皆元気でいることも有難いことです。
感謝感謝。



そうそう、最近 『Desparate Housewives』 を最初のシリーズから
見ています。(遅い...って言わないで)
アメリカドラマ好きのお友達に面白いよーって聞いてたのに
まとまった時間がなくて見れていなかったドラマ。
NHKのあらすじを参照したら字幕無しでも楽しめる、ちょうどいい感じ。
日常に使える表現がかなりあるのが勉強になる!
サスペンス要素ありで続きが気になりどんどん見てしまうし。

以前、『24』で英語の勉強!って頑張って色々覚えて使ってみたのに、
(ほら、ストーリーがストーリーなだけに)
「その言い方日常で使わない...なんだか軍隊みたい...」って英語の先生に
注意されたって笑い話をお友達が聞かせてくれた。
他にも、『Sex and the City』を英語の勉強に!と英語字幕で見ていた
お友達は、わからない単語をどんどん辞書でひいてみたものの、
この単語、、、いつ使うのっていう意味のものばっかりで。。。
2話で挫折って...w



と、
久しぶりの更新で、なんともまとまりのない状態ですが。




そんなこんなで、明日からアメリカ2年目がはじまります!





th_IMG_3211.jpg
# from Madison Square Park


th_IMG_3299.jpg


スポンサーサイト
.31 2009 つぶやき comment13 trackback0

世間に嫌われてる物を売る 『THANK YOU FOR SMOKING』

大学のサマーコースを取ってみているのだけど、クラスの中で
『Thank You for Smoking』 という映画を鑑賞。

授業は、"アメリカのビジネスワールドを理解する" という内容―。
レジュメ、Business Ethic, Moral 、サブプライムローン、Marketing
なんかのベーシックを浅~くさらりとやるコースで、
今週で終わりなのだけど、面白かった。



『Thank You for Smoking』 は 2006 年のアメリカ映画。
日本でも公開されていたのね、私は知らなかったなぁ。





主人公はタバコ業界の敏腕ロビイスト(Lobbyist)。


タバコのパッケージにドクロ・マーク(毒) をつけさせる法案
を阻止するべく、反喫煙派の議員と対決




映画は、「煙草が健康に害を及ぼすことは十分皆承知しているはず。
それを承知した上で、吸うか吸わないかを自己判断に任せるべき」
というスタンスを取っている。
スモーカーバッシングでもないし、社会の禁煙運動のムードを否定する
わけでもない。両方の立場がちゃんど理解できるようになっていた気がする。





なぜタバコだけがこうも糾弾されるのか―。

チョコの食べすぎで虫歯になったら、チョコレートのメーカーを訴えますか?
携帯電話のせいで脳ガンになったと訴えますか?

タバコにドクロ・マークを付けると言うなら、
肥満、虫歯の原因になる砂糖のパッケージにもドクロマークを
付けないとねー、
チーズはどう?アメリカの大きな死亡原因の一つはコレステロールです。
飛行機は?危険な乗り物、あれにもドクロマークを付けないとねー、

・・・なんていう具合に
皮肉たっぷりの巧みな話術(へりくつ?口から出まかせ?笑)
で世間を煙に巻いていく。



タバコ同様、同じく世間から「悪」とされるアルコール業界のPRウーマン、
銃製造業界のPRマンと3人で、お互い愚痴りあったり、次なる戦略を
練ってみたり。

離婚した妻と暮らしている息子が、自分の職業をどう受け止めているのだろう....
「タバコのPR」という自分の生き方と、モラルの狭間で揺れ動いてみたり。


授業で取り上げた広報活動、ビジネス倫理などが、程よくブレンドされた
内容だった。

タバコ(喫煙)という社会問題を題材にしているけど、
後味スッキリ、意外にも軽く見られる社会派コメディ。
1時間半という短さも良い。おすすめ。


ちなみに私はタバコは吸いませんnosmoking








日本も一週間ほど前に全国的に梅雨明けとか?

sg_20090806211735.jpg


残暑お見舞い申し上げます。
楽しい夏をお過ごし下さい。






.07 2009 Movie comment0 trackback0
 HOME 

今日の天気

New York
Click for Port Washington, New York Forecast
Tokyo
Click for Tokyo, Japan Forecast

カレンダー

FC2カウンター

日本語→英語 自動翻訳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。