2010 04 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2010 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

iPadでノートをとる中学生



IMG_0521.jpg



私のじゃないですよ。
アンガスの。

4月3日が13歳のお誕生日だった彼は、
バースデープレゼントに iPad 買ってもらったんだって。



IMG_0519.jpg


ちなみにアンガスは自分用の MacBook も持っているし、携帯は iPhone 使用。
いわゆる ミレニアム世代(millennials)キッズなのであります。


4月初めのこの日、いつものように日本語を教えに行ってびっくり。




私 「あーー! もう iPad 持ってる! ちょっと まさか 誕生日プレゼント?」

アンガス 「まぁねー♪ほらみて、すごいんだよ」


画面の方向を縦横くるくる変えながら youtube を見せてくれたり
くまのプーさんの本をぺらっとめくって(もちろん画面をね)見せてくれたり。
チェスもできるよって。
日本語入力ができるように早速設定したようで、
自分の名前を カタカナ で入力して google 検索し
一番最初に "アンガス牛" って出てきて大ウケしてた。。。w
(ほら、広東語も母国語の子だから漢字理解できるの)

嬉しそうに私にひととおりの機能をプレゼンしてくれました。
「そうだ!Wifiの機能が動くか一緒にテストしようよ!」ってアンガスが
ノリノリになってきたので、
日本語勉強したらね、
ってことで一旦iPad中断。笑



たしかに、ものすごく分厚い大学の教科書がこの中に入ってたら
軽くて薄くてホントにいいなー。電車の中で読むのも楽だっただろうなぁ、
なんて先月までの通学を思い出しました。





「いいなー アンガス。MacBook あるし、iPhone も持ってるでしょー。
なんで iPad も欲しいと思ったの?」


と尋ねてみる私。


「学校で使えるから!iPhone は学校に持って行っちゃだめなの」


ほー。そうかい。
じゃあ、iPad をこれからは学校に持って行くの?


「うーん 先生に言ったら、次のセメスターまで待ちなさいって言われた。
他の生徒達の様子 (所持具合) を見て、学校でポリシー決めるからって。
だから、きっと 9月くらいになったら持って行けるかなー。」

だって。



もちろんこの時期に「iPad 買ったんですけど、学校で使っていいですか。」
って聞いた生徒は まだアンガスだけ。

でも、アンガスの住んでいる学区は教育水準の高いところ。
去年プロジェクトで訪れた 全米13位の MiddleSchool の生徒ですから
アンガスみたいに iPad を所持する子が増えるのも時間の問題かも...
PC教室にも Mac がずらーっと並んでいたし。


私も会社辞めたときに MacBook を買って、それ以来ずっと使ってるけど
特に、ここ NY って 個人の Mac 所持率すごく高い気がする。
大学で一緒にグループ組んだ子も、自宅 PC は 5人中4人が Mac だった。


学校で、どういう風に使うの?授業で色々調べるの?教室にもMacあるじゃない、
と聞いたら

「授業のノートをこれで取るんだよー♪」とアンガス。


えー。
13歳からそれやってしまう?


それを聞いてたアンガスのママが、反応した。
「こんな小さいときから手でノート書かなくなるなんて。字が覚えられないと
思うし、やっぱり、勉強はちゃんとノートを使って....」云々とブツブツ。。
どうやら iPad は パパが買ってあげたらしい。




まぁ、私も13歳のときはノートで勉強してたわー、
でもまぁ、たしかに学校で iPad が有用な場面があるにはあるとは思うけどね、
とか そんな話をする私とママに

アンガスがひと言。




Things change so fast.





いや そりゃ 時代は変わってるけどもさ.. w
アメリカのミレニアム世代(millennials)キッズ おそるべし。





ま、ちょっとアンガスは特別。
とっても賢いし。
この後もブロードバンドルータからケーブル抜いたり色々やりながら
Wifiの設定をいろいろいじって遊んでたわ。


英語と北京語/広東語を話す人材の需要ってますます増えるんだろうな。
これでほんとに日本語も身につけちゃったらすごいな。
アンガスは将来世界を飛び回るビジネスマンになるかもなぁ。





スポンサーサイト
.25 2010 日本語レッスン comment6 trackback0

4月が終わりました

Spring term に受講した二つのクラスが終了。

緊張しながら始まって、
最初はとにかく疲れるだけの日々だったけれど
気づいたら最終日になっていた。
濃厚だったなぁ。


16時半には真っ暗になっていた雪降る2月から、我ながら
街まで3ヶ月間よく通った。。



この3ヶ月の間に
冬が終わり、
春が来て、
緑まぶしい季節になりました。

ここ数日、私の住んでいるエリアは朝晩10℃を下回る寒さが戻って
きてしまったけれど、でも、日差しは夏の始まりを感じさせます。
日も長くなって、20時を過ぎてもまだ明るい今日この頃。
季節の移ろいが早い、早い。


Marketing概論のクラスの最終日、
この日はマンハッタンにも青空が広がっていました。

s_IMG_0623.jpg s_IMG_0622.jpg

短いNYの夏を大急ぎで楽しもうと、ブライアントパークにも日光を
浴びて憩う人々がたくさん。



s_IMG_0625.jpg
教室のあった NYU のビル



s_IMG_0627.jpg
一緒にグループプロジェクトをやった4人と。





正真正銘ニューヨーカーのクリスティーナとステファニー、
私と同じ理由でアメリカに滞在中のアルゼンチンのジェシカ、
モデルみたいにすら~っとしてて超・美人さんのウクライナ出身のビクトリア。




私達のグループのファイナルプレゼンは これから製品化
される予定の Yoga mat の Marketing Brief を発表。

Yoga なんだし、
プレゼンは 全員黒のタンクトップとスウェット着て来よう!
アロマオイルとキャンドルは持ってくるから!
ってクリスティーナの提案で決まった。



家からひょいっと来れないのよー 
列車に乗って来るのよ わたし、って思ったけど(笑)
さすが、アメリカ人。

日本人の私には、全くない発想だった~。

勉強会しようってことでニューヨーカーの彼女の家に
行ったりとか、彼女達と組めたのは、
色々新鮮だったなぁ。




IMG_4228.jpg
留学生の一人が、全員で写真撮ろうよ!って撮ってくれた写真

私、なんとも気の抜けたスエット姿。
(ファイナルプレゼンの演出のために!)ヨガ・ウェアだったの




最後のプレゼンは、
NY ならでは、の題材が多くてとても面白かった。

アメリカの中でも、(統計的にも) 特にシングルの男女が多い大都市NY-
そんな独身市場マンハッタンをターゲットにした新サービスとか、

会社ではハイヒールだけど疲れるから通勤時にはスーツにスニーカー
というワーキングウーマンに解決策を、という新しい靴ブランドとか、

みんないろいろ考えるな~~と、ただただ関心。

あとはね、
Mint.com って聞いたことありますか。
簡単に言うと、アメリカ版のフリーの家計管理ウェブサービス。
ほとんどマーケティング活動をしていないベンチャーだけど、
ほぼ、口コミで今や会員数は60万人突破だそう。
いかにもクレジット社会アメリカらしいサービスで、
そのビジネスの仕組みも面白そうだった。
近々私も試してみよう。



.10 2010 School comment2 trackback0
 HOME 

今日の天気

New York
Click for Port Washington, New York Forecast
Tokyo
Click for Tokyo, Japan Forecast

カレンダー

FC2カウンター

日本語→英語 自動翻訳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。