2017 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

♪Happy Birthday の歌の著作権

isanybodythere.jpg

不況で人が集まらないらしく「授業に友達を連れてきていいよキャンペーン中」
ということで、誘ってもらい、NY 大学の映画のクラスへ。

公開前の映画を鑑賞、その後その映画の関係者誰か一人を招いて、教授とのパネルディスカッション。パネルディスカッションには、監督が来たりプロデューサーが来たり、俳優が来たり、毎回色々。

このクラスで取り扱う映画はいわゆるハリウッド超大作ではなくミニシアター系。
この日見た映画は『 Is anybody there? 』。



イギリスの BBC と NY のチェルシーにある映画会社の共同製作の、イギリスな映画。
もちろんブリティッシュイングリッシュですから、皆さん、もしかしたら字幕が必要かもしれませんが、楽しんで下さい、なんて感じで教授が笑いを取って、上映開始。




舞台はイギリス、田舎の海沿いの街。
両親が営む老人ホームに暮らす10歳の男の子と新たな住人としてやってくるおじいちゃんの、奇妙でかわいらしいトモダチ関係。(おじいちゃんはリタイアしたマジシャン)

自分と何十歳も違う高齢者と一つ屋根の下に暮らし、死というものが常に身近にあるというちょっと普通じゃない生活になじめないエドワード少年がおじいちゃんと出会い、感情を共有していく。


大人びて、ちょっと小生意気なことも言う少年(でもピュアで優しい)と、少年に対してムキになったり泣かされたりするおじいちゃんの関係がかわいい..。


身近にあるだけに、少年はだんだん死後の世界やゴーストの存在への興味に取り付かれていき、死後の世界の証拠を見つけようと、息を引き取るおじいちゃん・おばあちゃんの部屋にテープレコーダを隠して録音を試みようとしたり―。


おじいちゃんのマジックや、おじいちゃんが心に秘めていた切ない過去、少年の両親のあやうい関係とか、それぞれ色んなことが並行して起きて、ちょっと忙しいような気もするけど、一応全部ストーリーの軸に寄り添ってうまーく存在していたんじゃないかなと思う。



"死" を取り扱っている映画だけど、重苦しさやジメジメしたものがない。
老人と子供のペアで、お涙ちょうだい、な映画でなく、
笑えて、ホロリとする映画。
よかった。




パネルディスカッションでは、
お金をかけて派手にプロモーションするのではく、小さなシアターから
じわじわと広まるような映画を作りたいというプロデューサなだけに、
新聞やネットで書かれる レビューや口コミ の影響や、
音楽著作権のこと、映画の利益分配、英米の映画製作の違いなんかの話。




この映画にも使われていたけれど、♪Happy Birthday to you~ の歌には著作権が今もなお存在しているんだって。
2030年までAOL/タイムワーナー社が所有。



このプロデューサー、『Sunshine Cleaning』という映画も作っているのだけど、それの誕生日シーンでは、出演する子供達に「30分あげるから違うバースデーソングを作って」と依頼。It's your Birthday, Happy Birthday~jumee��DaNcE2 みたいな(少しラップっぽかったw) 歌が完成し、その子達に100ドル払ってその曲を所有しそれを映画で使ったそう。


本家のハッピーバースデーの歌は、アメリカ国内において著作権保護期間の延長が行われたために、今もなお著作権が存在するらしい。ウィキペディアによれば、この法律、「ミッキーマウス」の著作権切れが迫っていたディズニー社のロビー活動が背景にあるようで「ミッキーマウス保護法」ないし「ミッキーマウス延命法」と揶揄されるとのこと。



♪Let it snow, Let it snow, Let it snow~ の歌なんかも注意らしい。
1回だけとか、逆に100回とか、このフレーズを使うのであれば、なんら問題にならないけど、この 3回連続 になった時点でライセンス発生、「はいお金払って」になるんだって。




学校の運動会でいわゆるかけっこのテーマみたいな(わぁ~急げーって感じの)音楽を流すのは定番だけど、それを録画してビデオ教材にして学内で放映したら、そこには音楽の著作権が発生(?)、みたいな話を以前も聞いたことがある、ライセンスがらみの話ってやっぱり
複雑なのねと思いました。



スポンサーサイト
.19 2009 Movie comment2 trackback0

comment

haburin
この映画面白そう~♪
【死】をテーマに取り扱ってる映画って少ないよね。
私はあまりジメジメして、「号泣」という映画が苦手(悲しくなる・・)ので
ホロリ映画が大好きですv-343
観てみたいなぁ~
著作権ってすごく複雑だから、時々深く悩んでしまうけど
「Happy Birthday」に著作権があるとは知らなかった!
使用するのに悩んでしまうわ・・・
2009.04.21 20:00
aym
i-175 haburin

いくつかのサイトでマイケル・ケインの演技がとてもよいと評されていたよー。日本公開は未定かもしれないけど、Tsutaya とかで見つけたら見てみてねi-179 私も重い映画は苦しくなるので、ホロリが好きです。まぁたま~に泣ける映画みて号泣するとスッキリ!!するけどね(疲れるし目が腫れるがwストレス解消)
『おくりびと』、お友達から借りたのだけど、号泣系かしら・・・う~ん。エネルギーある時に観たほうがよさそうだよね。
Happy birthday to you ~ は、我々のように個人で歌う分には問題ないみたいi-184 お店でのサービスで店員さんが歌うのは、厳密には、NGらしいわ。
2009.04.21 22:56

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://aymny.blog94.fc2.com/tb.php/124-48bde21f

今日の天気

New York
Click for Port Washington, New York Forecast
Tokyo
Click for Tokyo, Japan Forecast

カレンダー

FC2カウンター

日本語→英語 自動翻訳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。