2017 03 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

American Cooking

赴任から一年経つ夏頃から、徐々に国内出張も増えてきた旦那さん。

ラスベガスにボストン、ヴァーニジアやら、フロリダやら、
あとどこだろ??
ちょうど昨日までは L.A. 行ってました。
あちこち飛んでるので毎回どこに行くのか把握できなくなってますがkao04



さて私は今日は街の Continuing Education (成人向け教育) の
クッキングクラス (Presented by WHOLE FOODS MARKET)
に参加してみました。


WHOLE FOODS MARKETというのはオーガニックスーパーの老舗、
自然食品・健康志向、高級感を売りにしているスーパーマーケット。


時間は夜7時半~9時半。
会場は近所の高校の家庭科室。
受講料は $25。
講師はこのスーパーのデモ・スペシャリストとマーケティングチームリーダー。



この周辺の街は、地域住民向けに、成人向け教育(生涯教育)がわりと充実。
キンダー、小中高のみならず、地域の成人向け教育までもが縦串で、その地域
の学区主催でこういうカルチャースクールみたいな講座をいくつも開講していて
(もちろんその地域によりやり方は色々でしょうが)
夜に開催されるので基本的に会場は学校の体育館や教室。
低コスト、良心的な受講料で住民に講座が提供されます。





th_IMG_4822.jpg th_IMG_4820.jpg
会場となった高校の家庭科室
参加者は13名
ほとんどアメリカ人のママ達

th_IMG_4796.jpg
IHクッキングヒーター&オーブン
日本の学校の家庭科室も、いまやIHなのかなぁ

th_IMG_4819.jpg
アメリカンなキッチンセットが部屋の中に4セット













さてさて内容はというと、
レシピカードが配られてのデモンストレーション形式。

調理している講師の周りにみんなで集まって、作り方を見学。
アップルサイダーやスパークリングのジュースの試飲が配られ、
飲みながら、そしてレシピカードを見ながら、メモをとったり
質問したり、写真を撮ったり。



1品目;
Fruited Brie Torte (ブリーチーズのフルーツ入りトルテ)



th_IMG_4818.jpg
フランス産 ブリーチーズ 1kg (!)


th_IMG_4784.jpg th_IMG_4825.jpg
半分にスライスして間に Fig spread (いちじくのジャム) を
サンドしてオーブンで10分ほど温める

th_IMG_4826.jpg
温めてトロ~ッとしたところを バゲットとともに(コレ美味しい!)

ワイン好き、チーズ好きにはたまらない。
白カビチーズならブリーじゃなくてもいけそうです。
カマンベールとかね。








2品目;Roasted Beef Ternderloin (ローストビーフ)



th_IMG_4790.jpg
肉の火の通り具合を知るヒント
親指をぴったりこうやってくっつけてプニッと盛り上がる
部分の柔らかさと同じくらいだったら、未だ Rare だって。


同じ部分を触っての確認で軽く親指を離して手のひらを開いた時の
固さだったら Medium、
手をパーにした時の固さだったら Well done、だそう。

あくまでも目安ね。
うーん。
やってみたけど私の手ではよくわからない。。w

他にも、鼻が Rare 、あごが Medium、おでこが Well done
なんてのもあるそう。




th_IMG_4793.jpg
ハーブとガーリックをすり込んでフライパンで焼き色をつける

th_IMG_4802.jpg
ハーブオイルでマリネしたポテトとにんじんを広げ、
焼き色のついた牛肉をのせる


どうでもいいんですけどね・・・
いくらなんでも、っていうサイズの Roasting Pan。
いざオーブンへ入れましょ、ってところで
「あ!大き過ぎてオーブンに入らない!」(えー!そこで初めて気づく?!)
1分後には野菜と肉は小さな Pan へ移し替えられたのでした。笑




th_IMG_4808.jpg
Meat Thermometer を刺して肉の内部の温度を測定


[高画質で再生]

bf

[広告] VPS

th_IMG_4823.jpg
きれいなピンク色のローストビーフ完成 (これも美味しかった)






3品目;
Roasted Beet and Goat Cheese Salad (ロースト・ビーツとゴートチーズのサラダ)

ビーツ(赤カブみたいな野菜)は、アルミホイルで包んでオーブンでロースト。
時間は40分~1時間ほど。
ローストしてほくほくのビーツと、ハチミツがほんのり甘いドレッシング、
ヤギのチーズの相性がよく、おいしい。



th_IMG_4813.jpg



デモの試食の3品とも美味しくて期待以上、
ホリデーシーズンのポットラック(持ち寄りパーティ)やおもてなしに使えそう。
あぁ助かる~~・・。



全部美味しいって思ったのだけど、日本から来た直後の去年の私も
同じように美味しいって思うかどうか、知りたいところ。
アメリカの大味フレーバーと量に慣れて許容範囲が広がっており、
自分の味覚に若干自信がなくなっている今日この頃です...w













th_IMG_4830.jpg th_IMG_4831.jpg
エコバッグに、今日は作らなかったその他のレシピ色々と、試供品、
分厚いレシピ本『Americans Cook!』まで入ったお土産もらいました。


アイデア集もいろいろ。
・How to host a vegan (ヴィーガンって知ってます?この話はまた今度)
・Holiday leftover tips (巨大なターキーローストは手を変え品を変え4日間くらい食べ続けるとか。日本のお正月のおせち料理みたい・・・)
・ハウス食品編纂のTofuクッキングの冊子
・各種割引クーポン



th_IMG_4829.jpg
ターキーやチキンに詰めるスタッフィングミックスと
クランベリーソース、サンクス・ギビング セット




気前いいですね~。
こういうお土産持たせてくれるところも消費者の心をくすぐりますkao03
私も含め、参加してた人達みんな、きっとこれ WHOLE FOODS 行っちゃうだろうなぁ。笑

とてもお得な講座で大満足でしたBrilliant


スポンサーサイト
.20 2009 Lesson etc. comment2 trackback0

comment

るり
アメリカのお料理教室って、美味しいのか不安だったけど、
これはなんか、本当に美味しそう!!!!!!
(でも、私も、自分の味覚に自信無くなってる。。。)
2009.11.20 09:14
aym
e-240 るりちゃん

るりちゃんアメリカずいぶん長いもんねーw

私もアメリカの料理教室って、作り方からして繊細さを欠き (偏見あり過ぎ?) あんまり美味しくないだろうなと思ってたんだよねぇ。調理がラクチンなところは大好きだけど!
Whole Foodsのくれたレシピは、使ってる調味料や素材が良質というのもあるかもしれないけど、ちゃんと美味しかったよ!!e-68
(私の舌が日本人の味覚を保持していることを願って...)
WFのHPにあるレシピも、試したら良いのがみつかるのかもね~。

2009.11.20 15:01

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://aymny.blog94.fc2.com/tb.php/188-c7fc08eb

今日の天気

New York
Click for Port Washington, New York Forecast
Tokyo
Click for Tokyo, Japan Forecast

カレンダー

FC2カウンター

日本語→英語 自動翻訳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。