2017 08 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ガス給湯とアンソニー

体感気温 -4℃になるくらい非常に冷え込んだ先週のとある日。シャワーでぬるーーーいお湯か、水しか出ないということがあって。翌日になるとまた普通に出るようになったり、と、ガス給湯の様子が変でした。ついでに言うと暖房つけてるのに温まるのが遅かったり、ヒーティングの動作も若干不安定で。


週末の夜に地下を見に行くと、水が漏れてる。。。。

IMG_1160.jpg


IMG_1161.jpg

開けたくないけど開けて中を見れば、やっぱり漏れてる。。

引っ越してきたときに、こんな爆発しそうな(恐れ過ぎ?)自分の背丈より大きいガス式のタンクが家の地下にあると知って、ちゃんと安全なのかもしれないけど、でも、なんか怖いし、極力この存在を気にせず忘れたふりして過ごしてたのに。

IMG_1165.jpg

ラベルに、小さい字びっしりの説明書きと DANGER! って書いてあるし、近づくのもやっぱり怖い。旦那氏が下の方を覗き込んだりしてるのを見るだけでもヒヤヒヤする。あんまり近づくのやめなよ、明日見てもらうから、と遠ざける。。。


右のが給湯の仕組みっぽい。
左のはなんだろうか。よくわからない。


我が家のオーナー、アンソニーは、最近ブラックベリーにメールしても応答無しなんだよね。だから事務所に行くことに。(あの日本人問題ばっかりで面倒、ってアンソニー思ってるよきっと)

『タンクの正体もいまいちわからないから写真を持って行って説明して、どっちが何で、違いも聞いた方がいい』と旦那氏いいこと言った。
眼科の後に、写真を持って事務所へ。



いつもいる優しい秘書のお姉さん(勝手に秘書ということにする)に話をして、その日のうちに人を派遣してもらえることに。じゃあ家で待ってます、ありがとう、それからねお姉さん、アンソニーにもメールしたんだけど、小切手の名前が違ったの。
「あ、そうそうこれ、新しい小切手預かってるよ」とお姉さんは新しい封筒をくれた。アンソニー、ちゃんと送ったメールは見てるんだ。。。

あと、ガレージのマスターキー貸してもらったけど、あの鍵合わなかったの....
「あら、そうなの?ちょっと待ってて、電話終わったらアンソニーが直接話せるかも」



え!

アンソニー今日いるの?




おー。
興奮。


実在でしたよ、アンソニー。

背が高くて見下ろされました。歳の頃は40代後半でしょうか。
すみません、いつもお手数かけまして。。と挨拶。
ガスのタンクの水漏れの話と鍵の話をしながらも、本物だ、と思いながら、若干私の顔がにやけていなかったかが心配。


「状況わかった。漏れてるから新しいのを買うよ。担当の人が行くから家にいて。それからガレージの鍵も新しいのにするから。」


アンソニーはニコリともしなかったなぁ。慣れた?みたいな、テキトーな日常会話も無し。(苦笑)面倒なこと、キライ、と顔に書いてある。事情とかそうなった背景とか、まったく興味ないみたい。あぁ壊れたんでしょ→新しいのにする。アンソニーはお金で何でも解決タイプとみた。乾燥機も壊れたらすぐ新しいのを買ってくれたし。何もかも常に即決!こちらとしてはとてもありがたいですが。。





家の損害保険の契約がどうなっているのかいまいち把握できていなかったけど、これから本格的な冬だし、ガスとか水道とかのサービス契約(有事の時に24H対応してくれたり?)したほうがいいかもね、との秘書のお姉さんのアドバイス。
これまた調べないと。アメリカだけでなく日本でも同じようなのかもしれないけど「借家」って大変だー。うーん...マンションでも一緒かな...うーん。

築30年とも50年とも言われる我々の住んでる家。日々こういうことが隣近所のアメリカの家では起きているのだと思い、がんばることにします。




ちなみに、断水しながら5時間かかって水漏れタンクの交換が昨日終わり、サーモスタットが時々おかしいうちのヒーティングも、今日はちゃんと動いて暖房してくれてます。

(外は寒い寒い。。。)






スポンサーサイト
.25 2008 USA comment2 trackback0

comment

kTe
あああ。この手の給湯システム一緒かも!!

こっちでマンション探すたびに、この手のタンク物が部屋の中に備わっててびっくりしてたの。
台所にそのままとか、ここは何の部屋?ってあけると、どでーんとか。
灯油とガスの給湯がメジャーなんだけど、ガスタイプの部屋にはこのサイズかもう少し小さいBOXタイプのどちらかがある部屋が多いみたい。
でも、地下などない日本の住宅事情のせいなのかみんな部屋のなか。
ぐおーーーってすっごい音がして、初めは本当にびっくりしたけど、なれちゃったなぁ。。。(^^;)
本州だと、ちょこちょこ灯油をタンクから・・・とかやるけど、寒冷地ではいちいちそんな事してられないから、全部パイプで繋がってて自動的に補給されてメーター請求ってなってるみたい。

そちらもそんな感じかなぁ?
気温もほぼ同じ様子だし、何よりこの街自体が創設期から
とってもアメリカを取り入れてる場所だし、色々似てるところがあるのかも!


・・・アンソニー。実在してたのかぁ。。。
次回は是非、ニコリとさせるに挑戦してみてv-391
2008.11.27 11:56
aym
♪ kTe さん

札幌も、色々大掛かりのご様子ですね~~。
>本州だと、ちょこちょこ灯油をタンクから・・・とかやるけど、

そうそう、実家には灯油をためておく丸い大きいタンクがありました。電気ストーブとかファンヒーターでは馬力不足、石油ストーブ&ファンヒータでした。外からまずポリタンクで玄関に持ってきて、寒い廊下で給油したものです...^^;

こちらは今日はどしゃぶりの雨です。札幌よりはまだ気温が高いということなのでしょう。
kTeさんもどうぞ寒さに気をつけて下さいねー。
2008.11.30 18:02

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://aymny.blog94.fc2.com/tb.php/53-75b07546

今日の天気

New York
Click for Port Washington, New York Forecast
Tokyo
Click for Tokyo, Japan Forecast

カレンダー

FC2カウンター

日本語→英語 自動翻訳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。